国際バラとガーデニングショウ10th


今日もブログ内のお手入れをしようと思ったけど記事があまりにも古くなる可能性が高いので取り急ぎUP

5月19日の国バラショウに行ってきました

今年もスルーしようかと思っていたけれどTVの特集を見るうちにだんだん今年も行きたくなっちゃった
そんな感じが伝わったのでしょうか主人が誕生日プレゼント代わりにチケットを買ってくれました
ので喜んで行っちゃいました

今年のショウは“見やすかった”の一言です
最終日とあって人も心持少なかったのか、かなりゆったり堪能しました




画像



入り口はGreennJam&西武ガーデナーズの
ウエルカムガーデン
さすがにバラ暦も少しは長くなってきたので
薔薇の名前が判るようになってきたし
今回は付いているタグも見やすかった

塀に使われているのはアルキミストなのかな?
これはちょっとタグが確認できませんでした
でもその手前のクラウンプリンセスマルガリータ
可愛かったなぁ~

難波光江さんの薔薇の庭づくり
紹介されているページをみて購入するんだったらこの薔薇もいいかも・・・
なんて私の中でリストアップされていた薔薇がこんなに
実物で見られるなんてラッキーだわ
全体的に気負わないでいい感じに見れました



スペース的に私のような一般庶民には
親近感のもてるデザインに感じました
特に手前ボーダー部分に使われている背の低い薔薇の扱いは
かなりイケていて良かった・・・
日本の庭でこれらの薔薇が地植えでこのサイズで
収まっていられるかどうかは少し疑問が残るけど悪くないわぁ
グラミス欲しくなっちゃいました
清楚で素敵な薔薇だわ


画像

画像


以前から白薔薇だったらこれは欲しいなぁと思っていた薔薇です
何故だかいつも売り切れていたりして中々手に入らないんです
今回も・・・売り切れでした

コンテナでも上手な人が作れば一株でこのくらいは
いけるんですよねぇ~
訳あって手持ちの薔薇を殆ど鉢上げしているので
コンテナ部門は見所が一杯
よ~く中を見ると剪定の痕がが沢山!
やっぱり剪定上手にならないとね



画像

画像


阿部陽子さんのローズテラスに(通路側)置いてあった
ゴールデンセレブレーション!でかい~~
これって一株なのかしらぁ
色違いのジュビリーセレブレーションを持っているんだけど
ここまでデカくなれるのね・・


2000年の英国王立バラ協会の香りの賞を受賞した薔薇
くんくんするとジュビリーと同じ香りのような・・・
色々な香りがミックスしたような感じで
今までにない香りのように思います



画像

画像


こちらはガーデン部門で大賞を取ったお庭です
こちらもあまり気負わない所がいいです
最近の流れか雑貨風なデザインが多かったのに対して
これは家の庭でもできそう!と思わせるシンプルさが良いです
一番目立ったアーチに絡んだ薔薇・・・タグが見えませんでしたが
手前のブラックティーと合わせてみてもアンバーな感じが素敵

スタンダード仕立てにした薔薇はポリアンサのマザーズデイとかかな
小さなお庭では場所を取らずして良いアイデアですよねぇ
色味でセレクトしたのでしょうか・・・
一つだけポイントとしておかれていたのかしら
この椅子の足元の土がフカフカしていてちょっと笑えちゃったりして
でも見る方としてはそんなことよりこのリアリティと
薔薇の使い方がとても参考になったわ
最終日まで咲かなかったアーチの反対側の薔薇は咲くとどんな感じ
になるのか知りたかった~~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック